マハマハへようこそ
     
こんにちは。経理館へようこそ! ぜひ 新規登録してください!  
ホ-ム  •  ガンバレDAdDY-WALK-AROUND  •  いつもいっしょだ!ワンニャン  •  DUnet
 ログイン

ユーザ名:


パスワード:




パスワード紛失?
新規登録はこちら
トップ  >  03.ACCESSの習得方法


ACCESS 習得の壁・・・現状の問題点とは・・・
 

     経理のみなさんから Accessは難しいと思われています

     難しいと思われる理由の1つは Excelと単純に比較されるところにあります

     Excel と Access の間には「手押し車」と「自動車」の違いがあります 

     手押し車は何も知識が無くても使えますが 自動車は教習所へ行くか自習しないと使えません

     起動してすぐ使えないだけで難しいと思われているところに最初の壁があります。

     そして2つ目の理由は Accessの教材がプログラマ向けのものしか無いというところにあります

     あるのは Accessの単語の辞書とその使い方の説明書と経理の実務に結びつかないパソコン教室の教材です

     これでは 経理のみなさんがクエリの途中で挫折してしまうのも仕方ないことと思います。

     そこで 経理のみなさまにお薦めしているのが実務で使うツールを作りながらAccessを習得する方法です。




ACCESS 習得の仕方

     経理館が推奨するAccess習得の方法は 経理の実務で使う検索ツールなどを作りながら習得する方法です 

     Accessのすばらしいところは作ったツールの結果が瞬時に確認できるところです 

     思考錯誤の結果の確認をしながら習得の過程を楽しめることがよいところであると思います。


     経理館が推奨するAccess習得テキストの一部を画面に掲載しました

     ぜひ ご覧になっていただきたいと思います。




経理館のテキスト「商業ACCESS」のご紹介

     テキスト「商業ACCESS」はAccessのスピードラーニング

     テーブルとクエリとインポート、エクスポートを手早く習得するためのテキストです

     Accessを全く知らなくても経理で使える三種類のツールを作ることができます

     ※参考にしていただくためにテキストの一部を画面に載せました。下の5つのボタンで内容を確認できます。


     ホームページに載せたテキストの画面と文字がにじんでいて恐縮です

     テキストP.09~P.11   
     テキストP.12~P.16   
     テキストP.18~P.20   
     テキストP.35~P.38   
     テキストP.38-1~P.38-2



経理・事務部門のAccess習得について 補足

     経理・事務部門はテーブル・クエリ・インポートとエクスポートだけで多くの役立つツールを作れます

     但し必要に応じてメニュー画面を作ったり、クエリを連続実行させるマクロを作ることも学びましょう

     経理館のテキストには実務に必要なメニュー画面や宛名ラベルなどの作り方も載っています。




     ■ テキスト「商業ACCESS」の試作版PDFを無償配布しております

     テキストには「3つのツール」を含め経理に役立つ使い方が掲載されています

     ご希望の方は 04.商業ACCESS のページをお読みください

     申し込み方法も載っています。





Access中上級になられた方へ

     中級や上級になられた方は自社に合った売掛金管理や買掛金管理システムの構築にもトライしてみましょう

     経理館には実績のあるサンプルシステムがあります

     VBAでプログラミングしてある部分もありますが関数を使用していないので誰にでも更新しやすいと思います

     御社に合ったカスタマイズもサポートしております。


     ※ 実は業務アプリ開発は自社で実務担当者が開発する形がベスト(理想)です

     コメント準備中です

     下記のサンプルアプリをカスタマイズして自社アプリを製作することをお薦めします。





     経理館の実績あるサンプルシステム

     01.ACCESSで会計活用   

     02.ACCESSで売掛金管理   

     03.ACCESSで買掛金管理   

     04.ACCESSで帝国DB管理   










プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:93 平均点:5.81
前
02.ACCESSの使い方
カテゴリートップ
TOP
次
04.ACCESSにできること

 検索

高度な検索